Category Archives: 備忘録

サーバ移行完了しました

運用しているサーバをロリポップからヘテムルへ移行しました。
どちらも同じサーバ会社なんですけどね。移行したかどうかの確認用と備忘録用に記事にします。

上の記事はDNS移行中に記載したものなので移行前のロリポップに記事を投稿したものです。その記事を新しいサーバに転記しました。新しいヘテムルサーバで記事投稿しています。やはり同じ会社だとDNS変更は早いですね。目安が1時間でしたけどそんなにかかっていないイメージです。

2015-04-10 13.21.56

画像ないとさびしいのでタイに行った時の写真でも。ワットーボーです。

大みそかなので振り返ってみて

備忘録も含めて簡単にだが2012年を振り返ってみようかな。

WEBサービスを立ち上げてマネタイズできるようにしようと思って、3月までに大きいもので2本ぐらいシステムを開発したのだが、やはりプロジェクト内のメンバー間で温度差とタイミングがわるく正式リリースまでいかなかった。資産としては残ったのだが、あらためて短期勝負でサービスをリリースしないとモチベーション差が生まれてくるとことがわかった。これではいけないと思いメンバーが使えるWordPressだと短期でサービスリリースできるのじゃないかと思い、WorPressの概念と簡単なプラグイン開発をしてサービスをリスースできるように動いていたのだが結局とん挫してしまった。WordPressの概念とプラグイン開発ができるようになったのが唯一の資産か。結局はどうリーダシップが取れるかと、メンバー間のタイミングがあわないとサービスがリリースできないことがわかり、作業分担も明確にしていかないといけないと思う。後はWEBサービスをディレクションできるメンバーがいなかったのやはり最後まで完成しなかった原因だと思う。

開発案件としては、JavaScript Ajax・jQuery等を使った案件、BlocksCMSのスマホ対応版・EC-CUBE連動版・CKEditor対応の開発案件があり比較的CMSは充実したサービスが提供できたと思う。フリーになり7年たつがやっと自社のホームページを僕自身で作った。これから1件だが見積依頼の問合せがあったのはうれしかった。まあ受注はできなかったのだが。

毎年思っている、今年こそはスマホ開発をするという目標のためにAndroidスマホとiPod Touchを買った。とりあえずAndroid開発はWindowsでもできるのでこつこつやってみている。基本的なところはわかったようだ。スマホ案件も決まり、AndroidだけではなくiPhoneも開発しないといけないのでブログにも書きましたがMacBookAirを買ってiOS開発の勉強中ですね。

WEB関連のことばかり書いているが、Windowsアプリ・業務システムの開発しています。今後は64ビットOSに対応するように考えないといけないでしょうね。まだまだXPもあるのですぐに完全に64ビット版にはいけないので、32ビット用でコンパイルして動かしていかなければ。

なんだかんだいって振り返ってみると1年でいろいろなことやっているなと思いました。こうやって振り返るのも大切ですね。年明けからはスマホ開発と何かWEBサービス or スマホアプリが公開できるように動いてみようかなと思っています。

Android開発環境構築メモ

Android開発環境を構築したのでメモ。

開発環境

OS Windows7 32bit/64bit
総合開発環境(IDE):Eclipse
Java Development Kit(JDK)1.7 / Android SDK
Elipseは、Eclipse Classic 3.7に日本語化パックを使う。
バージョン管理は SVNを使う。
環境は、c:\javaに設定していく。
—-

1. Java Development Kit (JDK)のセットアップ

DownLoad・インストールする。
※インストール後、コマンドプロンプトから、「java -version」を実行し、バージョンが表示されたら
正常にインストールできています
※Java の実行ファイルへのパスはインストーラーによって自動的に設定されますが、そうでない場合には適宜設定してください
▼64bit版の場合
・JREのインストール
JREはエンドユーザー用のランタイムで、開発者用パックのJDKには内包されているのでインストールする必要がない。というwebの書き込みがあちこちにあったけど、
http://java.com/ja/download/installed.jsp?detect=jre&try=1
ここでJavaの有無を調べるとJDKが入っているのに「Javaが入っていない」と言われた。
どうもブラウザのアドオンとしては認識できていないみたい。ということでエンドユーザー向けのランタイムも入れておくことに。http://java.com/ja/download/manual.jsp
※ブラウザが32bit、64bitとある場合(IE)、両方入れたほうがいいみたい

2. Android SDK(Software Development Kit)のセットアップ

●ダウンロードしたい Platform (Windowsなど)を選択し、「android-sdk_r08-windows.zip」をクリックし、
ダウンロードします。
※ここでは「SDK Tools, r8」をベースに記載していますが、
他の Platform や、それより新しいバージョンでは、表記が異なるため、読み替えてください
●ダウンロードした圧縮ファイルを、任意の場所に展開します。
●展開したディレクトリ下の「tools」にある「android.bat」を実行します
●Android SDK の Package (特定のバージョンの SDK やドキュメントなど)をインストールします。
「Android SDK and AVD Manager」画面の左側のペインにある「Available Packages」を選択、
「Android Repository」にチェック、
インストールしたいパッケージが選択されていることを選択・確認し、「Install Selected」をクリックします
※Windows の場合、「Android Repository」に加え、
「Thirds party Add-ons」-「Google Inc. add-ons」-「Google Usb Driver package」もインストールが必要です

3. Eclipse のセットアップ

Eclipseは3.7日本後パックをつかう。EclipseのサイトEclipse Classic 3.7」をダウンロードします。
▼日本語化パックhttp://mergedoc.sourceforge.jp/
●日本語パックは解凍したファイルを開発環境ディレクトリ C:\javaにコピーする。
eclipseのフォルダーで上書きしますかのメッセージがでるので全て上書きする。
これで日本語化される。
●eclipse.exeを起動。初回起動は時間がかかる。
ワークスペースを聞かれるので,eclipseフォルダと並ぶ位置を指定。
.”./workspace”で問題ないと思われる。
「この選択をデフォルトとして使用し,今後この質問を表示しない」にチェック。
OKを押下。eclipse本体が開く。
●JREの設定
・Eclipse上でウィンドウ→設定→Java→「インストール済みのJRE」で,もしjdkではなくjreが標
準VMになっている場合,jdkを標準VMに設定しなおす。
・追加ボタンを押下。
・JREの型として「標準VM」を選択し「次へ」を押下。
・「JREの追加」ダイアログで,JREホームとしてJDKのホームディレクトリを入力。
すると,「JRE名」「JREシステムライブラリー」の欄が自動的に埋まる。
・「完了」を押下。
・「インストール済みのJRE」ダイアログ上で,いま追加したJDKにチェックを入れて「OK」を押下。
●Eclipse上でAndroid SDKをセットアップ
プラグインのインストール
・Eclipse上で,ヘルプ→新規ソフトウェアのインストール を選択。
・インストールダイアログ上で,「作成対象」の右の「追加」ボタンを押下。
・サイトの追加ダイアログ上で,名前に「Android」,
ロケーションに「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力。OKを押下。
・「Developer Tools」をチェックして,「次へ」を押下。
・インストール詳細ダイアログが開く。「次へ」を押下。
・ライセンスが表示されるので、「使用条件の条項に同意します」を選択した上で,「完了」を押下。
・セキュリティダイアログが表示されるが、OKを押下。
・再起動のダイアログが表示されるば、いいえを押下して
・Eclipse本体を閉じる。
・プラグインの追加を反映したうえで最適化してEclipseを起動するために”eclipse.exe -clean.cmd”
をダブルクリックで実行。
●Eclipse上でAndroid Platform APIをセットアップ
Eclipse本体で,ウィンドウ→Android SDK マネージャーを起動。
必要最低限のパッケージのみチェックしてインストールする。
終了したらAndroid SDK マネージャーを閉じる。
●Eclipseのメニューショートカットを設定
ウィンドウ→パースペクティブのカスタマイズ から,
「ショートカット」タブを選択。
サブメニューを「新規」にして,
ショートカット・カテゴリーの「Android」にチェック。
「OK」を押下。

■バージョン管理

●「Eclipse3.7+PDT+SVNクライアント」の環境を作る
http://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/2543
▼Subclipseインストール
SubversiveではなくてSubclipseなのは私の好みです。どちらもSVNクライアントです。
1) Help → Install New Software…
2) Work with でリポジトリのURLを「http://subclipse.tigris.org/update_1.6.x」と入力
3) 一覧の中から「Subclipse」を選んで、次へ、次へ、規約に同意、完了、インストールしていいか?と警告が出たらOK。
4) Eclipseの再起動をおすすめされるので、指示に従って restart。


参考資料
▼基本的な開発のながれ
http://www.lastday.jp/2012/03/14/java-android-app
▼開発環境構築
※今から1時間で,Androidアプリの開発環境を構築し,Windows上でサンプルを動作させる手順 – 主に言語とシステム開発に関して
http://d.hatena.ne.jp/language_and_engineering/20110724/p1
http://www.adakoda.com/android/000062.html
http://www.lastday.jp/2012/03/12/how-to-download-eclipse-mac
▼初心者向け動画
http://www.lastday.jp/2012/03/13/android-youtube-tutorial