Category Archives: サーバー構築

CentOSをVirtualBoxへインストール

Windowsを使ってサーバー構築するのがほとんどだ。やはり操作が慣れているので楽なのでUnix系で動いているものでもWindowsで動けばWindows版を使っている。もしくは同じような動きするものを使っている。不便ではないのだが、これだと広がりがないのと使いたいものがWindowsでは動かないとなると困るので7年ぶりぐらいにUnix系OSをインストールしてみることにした。

今までインストール・設定などしたことあるのはLinuxリステリビューションはRedHatだけなのでその系列でいうとRedHat・Fedora・CentOSなどになる。または、レンタルサーバー・MacOS Xで使われいるBSD系もさわってみたいのでFreeBSDもいいかなと思った。いろいろ悩んだが情報が多そうなCentOSを使うことにする。

マシン調達するのも面倒なので、仮想マシンのVirtual Boxへインストールすることにした。CentOSももっていないのでインターネットからDownLoadすることにした。ネット回線が遅いので8時間ぐらいかかりそうだったので、泊の事務所においてあるパソコンにリモートで操作してDownLoadしたら1時間ぐらいで終わったので取りにいってきた。

インストールなどの方法は省くが、セットアップディスクがISOイメージなので比較的簡単にVirtualBoxへインストールすることができた。とりあえずインストールだけなのでこれからどうサーバーを設定していくかだ。別の環境も欲しいので次はFreeBSDも設定することにしよう。

台風の影響で風が強いです。もう何日目だろうか。早く過ぎ去ってほしいですね。

WebMatrix php.iniを修正しても反映されない

WebMatrixでPHPを使っていて、PostgreSQL/GD/ZIPなどのライブラリを追加したい場合Apacheといっしょのようにphp.iniファイルを修正するが、WebMatrixのシステム特性上IIS Expressの再起動がない。どうもphp.iniファイルが修正されればIIS Expressが自動で反映してくれるらしいが、実際は反映してくれない。

php.iniファイルはWindows7 64bit / php5.3だと
「C:\Program Files (x86)\IIS Express\PHP\v5.3\php.ini」にあります。ここを修正するが更新されない。(更新日時がからならい)
詳しくはわからないのだが修正しても「C:\Users\k_ide\AppData\Local\VirtualStore\Program Files (x86)\IIS Express\PHP\v5.3」このフォルダのphp.iniが修正されれいる。多分IISなのかWindowsの仕様かはわからないがバーチャルでの修正となるので反映されないようだ。

▼対処
修正したファイルをコピーして「C:\Program Files (x86)\IIS Express\PHP\v5.3」に上書きしたら反映された。
これが正式な方法かはわからないが対処できたからよしとする。

追記:Windows7(多分Vistaもかな) VirtualStoreという機能がありこれはファイル・フォルダの仮想化する機能のことです。
VirtualStoreとはアプリからC:\WindowsやC:\Program Filesにファイル作成(上書き保存)しようとすると、実際は別のフォルダに出力されるという機能です。アプリが意識していない場所(VirtualStore)に勝手に出力されてしまう機能です。

参考サイト
http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/20100001/20101116.html

バックアップの大事さ

ファーストサーバーのデータ消失(サーバーがとんだ)して、ポータルサイト・Blog・Twitterなどでがいろんな記事が流れています。復旧作業の状況・サーバー会社の対応だったり、契約・賠償などなど。データベースのデータが飛んでいるので、静的に作っているサイトの復旧はローカルにデータが残っていればなんとなりますが、WordPressやCMSを使っているところはほとんどがデータベースにデータを保存しているので、復旧するには時間かかるでしょう。キャッシュが残っていればなんとかなりますから。某有名グループウェアもこのサーバー使っているASPがあるようで、そこには顧客情報だったり入っているのでバックアップしてなければぼぼ壊滅状態でしょう。

今まで、ローカル環境でのデータベースサーバーのデータバックアップは自動でとるようにしてたけど、レンタルサーバーのデータベースのデータバックアップはほぼとってなかった。今まで起ってなかったのが不思議なのかもしれませんし、復旧できないぐらいな状況になるとは。これは対岸の火事ではないので何かデータベースをバックアップ取る方法を考えないといけない。データベースのコンパネからではなくユーザーからできる仕組みは大事になってくるな。

Telnet設定(windows)

Windows2000 Server/ProfessionalでのTelnetサービス

の設定方法メモする。

これはWindows2000標準のtelnetサービスをUNIXからも利用する

ための方法で、Windows2000デフォルトの認証方式(NTLM)

を解除すればいい。

1.「マイコンピュータ」→「コントロールパネル」→「管理ツール」→

「Telnetサーバー管理ツール」を起動

2.「3)レジストリの設定を表示/変更します」  を選択

3.「7)NTLM」  を選択

  この値を変更しますか?[y/n]  yを入力

  NTLMの値として “0”   を入力

  NTLMを 0 にしますか? [y/n]   yを入力

4.telnetサービスを再起動する。

コミニティーサイト構築

構築時のポイント簡単にメモする

1.コミニティーサイト XOOPS2.0.16-JP

2.DBはMySQLを利用。

※設定方法等は「Myサーバーにブログ設定」に記載しているので参照すべし。

3.インストール完了後に、安全のためxoopsインストールディレクトリ

 を削除する。

 例)設置ディレクトリ xoops/installを削除するといい。

4.xoopsが文字化けする場合の対応

php.iniのmbstringをsjisに設定しているので.htaccessで対応

するようにする。

○.htaccess での指定例

php_flag register_globals OFF

php_value default_charset EUC-JP

php_value mbstring.language Japanese

php_flag mbstring.encoding_translation ON

php_value mbstring.detect_order ASCII,JIS,EUC-JP,SJIS,UTF-8

php_value mbstring.internal_encoding EUC-JP

php_value mbstring.http_input auto

php_value mbstring.http_output pass

php_value mbstring.substitute_character none

php_value output_handler none